lea2usagiの日記

うさぎの明桜(あさ)と日々想う事について書いています。「動物大好きだけど、あ、人間ってのもいいものだなぁ。」って素敵な方々のブログに出逢えることも楽しみにブログを始めました。よろしくお願いします。

布団から出られない月曜日

寒くなってきましたね。

 

 

朝、布団が恋しくて出たくないなぁ…

と思う気温になってきましたね。

f:id:lea2usagi:20181022074723j:image

 

月曜日だし…

ますます布団から出られない…

f:id:lea2usagi:20181022074745j:image

 

ん?明桜も寒いのかな?

ウサギにとっては過ごしやすい季節なのでは…

 

 

「タオルで遊ぶのたのしいよ〜♪」

f:id:lea2usagi:20181022075824j:image

 

今朝も元気に遊んでいたのですね。

何よりです😊

 

「ごはん食べたら元気出るよっ」
f:id:lea2usagi:20181022080031j:image

 

昨夜食べすぎたけど…

朝のフルーツは別腹🍎

いただきます😄

 

明桜も、ちょびっと、ね🐰🍎

「待ってました!」
f:id:lea2usagi:20181022081531j:image

…いい顔してるね(笑)

目が覚めました、ありがとう😆

 

今週も元気に無理せず、心はゆったりと。

皆さまいってらっしゃいませ🍀

 

ペットロスのおはなし。

ペットロスの時。

大切なもも🐇を失った…のですが、
今思うと、周りの方々から与えてもらったものもあります。


料理をすれば包丁で指を切り、お皿を洗えば落として割る。
物は無くすし、歩けばぶつかる。(笑)
泣きくずれた顔はさらにブタ鼻


f:id:lea2usagi:20181019162643j:image

 

 

きっと、 ペットロスを経験されている方は同じような経験があるかと思いま す。


新しい子を迎えるかどうか。
悩みました。
寂しい、耐えられない。
そんな自分のために新しい子を探す私は薄情。
もも🐇は悲しむかもしれない。


そんな時、支えてくれたのは主人と、お世話になっている獣医さんです。


「ももちゃんが新しい出会いを導いてくれますね。
意識しなくても、ももちゃんの時のように、ぽっと目の前に、 胸の中に新しい命を授けてくれる気がします。」
と。
信頼している人から貰う言葉は、まっすぐに心に響きます。
私が辛い時に、何か月も励まし続けて下さいました。


長い付き合いではなく、 ももが亡くなる数か月前に出会ったばかりの獣医さんです。
ももだけでなく、
うさぎの事が解らず、体調の変化に気付けず、 介護もうまく出来なかった…
そんな、もものパートナー失格の私にまで気遣って下さいました。


「こんな思いは辛すぎる。

もう、新しい子を迎えられない。
そんふうに思ってほしくないです。」
というような事も仰っていました。

※記憶が曖昧で…ごめんなさい💦


大切な動物を失うことの恐怖や辛さを、誰よりもたくさん経験している獣医さんです。
悲しんでいる時でも、 その獣医さんが手を差し伸べなければ消えてしまう命が次々目の前に現れる。
獣医さんだからこそ、救える。
だけれど、

獣医さんだからこそ、愛する子の命の現実を知っている。
私よりもずっとずっと辛いはずです。


その獣医さんは、たくさんの子と暮らしていて、 たくさんの子を幸せにしています。
悲しんでいても、たくさんの子たちは、 愛情を求めて集まってくる。

落ちこむ時間を作れないほどに。


動物たちと支え合う関係。
大きな強い絆を感じます。
見ているだけで感動する時もあります。


救いを求めている動物たちの話もたくさん伺いました。
捨てられたり傷ついたり、 幸せな家族を求めている動物たちのお話です。

 

 

ペットロスの時、 新しい出会いを踏み出せない気持ちがありました。
「新しい子を迎えるって、この子を忘れてしまおうとしているの? 」
『そんなことはない。忘れませんよ。』


「比較してしまうのでは?」
『比べてもよいと思います。』
『この子はこんな子。あの子はこんな子だった。どの子もみんな愛しい。』

 

後ろめたい気持ち、後悔する気持ち、辛い気持ち。

前に進めない…。

こんな気持ちを持っている時でも、
もしも、消えてしまいそうな命が目の前にあったら・・・
きっと、思わず手を差し伸べてしまいますよね。


動物が好き。

その心を持っているのなら、 新しい子との生活を始めてよいのだと。

それが、いつ、どんな出会いでもよいのだと。

そんな風に思うことが出来ました。

 


「どんな時でも、どうか動物に背を向けないで欲しい・・」
動物を何より愛する獣医さんの言動から、 私が感じ取ったメッセージです。

 


ペットロスの時に得たもの。
大切な人間。

です。

(あと、私の場合は、悲しさと後悔でマヒしたおかげでか、
多少鈍感になったのかもしれない図太い心です(笑) )


再確認したものは、
もも🐇から貰ったたくさんの幸せ。


あとは…

 


「ねぇ、ダンナさまの偉大さ。って素直に言ったら?」


f:id:lea2usagi:20181019162606j:image


…そうですね。

 

「新しい子(明桜)を迎えていいと思うよ。」

と言ってくれたのは、彼です。


f:id:lea2usagi:20181019162931j:image

支えてもらっています。

 

主人の事が大好きな明桜。

「あ!おかえり〜!」


f:id:lea2usagi:20181020071449j:image

「あそぼ〜あそぼっ!」


f:id:lea2usagi:20181020070141j:image

明桜は、もも🐇と主人が導いたのかもしれません。

 

 

(…そうじゃなきゃ、

いつも身の回りの事をやっている私の事よりも主人が大好きだなんて、胸の内がモヤモヤ(=ヤキモチですね😚)するのです(笑))

 

 

lea2usagi.hatenadiary.jp

 

小さな幸せ🍀うさぎグッズ🐇

自分への小さなご褒美

うさぎブレスレット✨
f:id:lea2usagi:20181020072026j:image

150円(笑)

小さなご褒美、大きな満足✨

 

うさぎならなんでもいいのか?と単純な自分が笑える(笑)

 

 

どこにつけるのかわからないワッペン


f:id:lea2usagi:20181020155721j:image


f:id:lea2usagi:20181020155742j:image

 

薄いものしか挟めないクリップ


f:id:lea2usagi:20181020155731j:image

 

利便性ではなく、可愛さゆえに買ったため、使用方法を必死に考えるという難題が課せられます(笑)

 

100円となると、より一層うさぎグッズを物色。

あれもウサギ、これもウサギ…

この心理、しっかり読まれて手玉に取られていますね(笑)

100均業界さん、恐れ入りました😅

 

安いし、いっかぁ…

 

「…100円もあったらシソが何枚も食べられるよ。

無駄遣いだなぁ…」
f:id:lea2usagi:20181020073713j:image

…おっしゃるとおりです。

 

ブレスレットもワッペンもクリップも食べられない。


f:id:lea2usagi:20181020155809j:image


せっかくのうさぎグッズ、役立てることも出来ていない自分。😂

 

 

「僕は捨てられてしまう大根の葉っぱも美味しく食べるのにな。」
f:id:lea2usagi:20181020073727j:image

素晴らしいですね。

スーパーのゴミ袋に捨てられている大根の葉っぱを発見しますと、

「おいくらですか?」

と聞きたくなります。

お漬物にして食べても美味しいので、私も好きです。

大根(本体)は何本もいらないけど、葉っぱは欲しい…

農家さん、小売店さん、どなたか売って下さい(笑)

うさぎのための葉っぱ市なんてないかな…

 

うさぎとの暮らし。~トイレ編~②

昨日の続きで、またトイレ話でごめんなさい😅

素人の私の考えなので、ご参考程度に読んで頂ねましたら幸いです😊


うさぎとの暮らし。~トイレ編~②

 

あちこちでトイレをしてしまう事について。

臭い付けや、育った環境での習慣であれば、温かく受け入れる事なのかな。

と思うのですが・・・

うさぎ保護に熱心な外国のHPからの情報です。
「うさぎさんは食べながらウンチをするので、 トイレに牧草を置いてあげる。」
HP上の写真は、 広いトイレ場所に牧草がそのままどっさり敷いてあり、 丸ごと取り換える様子でした(牧場のよう)

「このくらい広いトイレなら気持ちい~ね~」


f:id:lea2usagi:20181019131212j:image


こちらは、狭い家(室内)と限りある牧草・・・
なので、衛生面を考えてトイレの上部に牧草入れを設置。


f:id:lea2usagi:20181019131230j:image

※牧草入れに乗ってしまう子は危ないと思いますので、オススメ出来ないかもしれません💦


明桜には合っていたようで、 この環境にしてからはトイレ以外ではおしっこはしなくなりました 。
うさぎライフの中で長時間する事=食べる事。
これが出来る環境の下にトイレを設置した。という事ですね。
※最近、皆様のブログは拝見する中で、 同じトイレ環境を作っていらっしゃる方出逢いました😊

 

明桜のトイレはミッフィーだるまが見守っています。

牧草たくさん食べてよいウンチがでますように🍀


f:id:lea2usagi:20181019134324j:image

 


生後半年弱までは、 おしっこもケージの3か所くらいにしていました。
トイレが定まったのは譲り受けてから2,3か月、 生後半年弱の頃です。  

トイレの環境なのか、 幼くてトイレの位置を決められないお年頃だったのか・・・


f:id:lea2usagi:20181019131832j:image

 

どんなうさぎさんに対しても共通な事は、トイレは「覚えさせる」 という感覚ではなく、
この子にとって最適トイレはどんなかな?🐇
と、日々研究することではないでしょうか・・・

うさぎさんがトイレを定める時期や場所はそれぞれだと思います。

臭い付けの行動だったり、 体調や年齢でも変化があるかもしれませんね。
うさぎさんの気分がよい環境で清潔を保てる環境作りは、
永遠のテーマとして楽しみたいですね。

 

「いつも僕を見ていてね」
f:id:lea2usagi:20181019134439j:image

 


動物と暮らす方のブログを拝見していると、
それぞれ寄り添い、 想いやりで溢れている方々がたくさんいらっしゃいますね。
動物さんの幸せそうな写真からは、撮っている方も、
同じ幸せな表情をしているのだろうなぁと、 温かい気持ちにさせてもらえます。
その子にしかない魅力を感じます🐕🐈🐇🐦🐢🐠💕

 

動物ばんざいですね😄

うさぎとの暮らし。~トイレ編~①

明桜(あさ)を迎えた当初、 どんな環境がよいものか悩みました。

動物本来が持っている習性は同じでも、 個性はあるものですね。明桜は、先代のもも🐇とは性格も行動も全然違う子です。
明桜の環境は、彼をよく観察して、彼に寄り添う気持ちで、
これからも明桜と一緒に作りあげていくものと思っています。


今回は明桜のトイレについてです。
うさぎさんと一緒に暮らす皆さまにとって、 快適な環境作りの一つの参考になれば幸いです。


Q ケージのどこに置く?サイズは?かたちは?  

A 三角形のトイレを使っていましたが、両端の角(45℃の角) にお尻を向ける時ははみ出してしまったので、
長方形のビックサイズが一番合いました。
大きめのうさぎさん用ですが、1.6㎏ の明桜もお気に入りです。


f:id:lea2usagi:20181018184820j:image

 

場所は明桜の様子を見て、よくする場所=落ち着く場所に置きました。

 

 

「僕がトイレだけでするのは、お掃除おばちゃんが掃除が得意じゃないからなんだけどな…。」


f:id:lea2usagi:20181018181537j:image

「でも、内緒にしてあげるんだ。」
f:id:lea2usagi:20181018184908j:image

 


へやんぽでテンションが上がった時は、コロコロ落とし物しますね(笑)

 


「僕がへやんぽ中にコロコロンってすると、
笑いながら嬉しそうに拾ってる… 変な人。」


f:id:lea2usagi:20181018181919j:image

 

 


少し体調が悪い時も、トイレ以外にコロコロします。
いつもと違う行動。 体調の変化に気付くチャンスですね。

 


ケージの外にいても、トイレの時はケージに必ず戻ります。
そして、チモシーをモグモグしながら急いで走って側に戻ってきます( 笑)

「モグモグ」
f:id:lea2usagi:20181018181953j:image

「あそぼっあそぼっ」
f:id:lea2usagi:20181018183722j:image

 

 

 

 

「まだあそびたいっ、けど、ちょっと待っててね」
f:id:lea2usagi:20181018183738j:image

 

そんなに急がなくても、

ケージ開けたままにしてキミを待っているから大丈夫だよ。

だって、一緒に遊びたいのは私も一緒ですから😊

1日はうさぎにとって1週間の重み?🐇

信頼する獣医さんに教えていただいた事🙂

本当にたくさんあります🍀

うさぎを診る事が出来る、信頼する獣医さんに出会えた事は、私の人生でとても重要な事です✨

大げさに聞こえますが、私の心の栄養の明桜(あさ)の健康を導いて下さる方のとの出会いなので、決して大げさではないのです😅💦

 

よく食べ、よく出す子🐇

大変お褒めいただいてます😄
f:id:lea2usagi:20181017182243j:image

 

「うさぎにとって1日は1週間」

というのは、

「うさぎの体調が悪くなって1日経つということは、

人間にしてみれば1週間経つくらいの感覚で病状が悪化することがあるので、

体調の変化をきちんと見て、様子がおかしければすぐに連絡下さいね。」

という、意味で教えていただいたのですが、

 

私は、体調の変化を見る事にプラスして、変な解釈をしています。

 

毎晩、仕事から帰ってきた時の明桜への挨拶。

「明桜くん、1週間ぶりだね!元気だったかい?」

と。

疲れて帰って来て、そのままベッドに転がりたくなる時も、

「明桜は1週間も待っていたのだ‥。」

と。

変な解釈ですね‥

 

一緒にへやんぽしたいかな?😊

ナデナデを待っていたかな?😄

トイレは常に綺麗のがよいよね!😆

などと、勝手に明桜の気持ちを解釈し、幸せな夜更かしと寝不足の生活をしています。

 

実際、明桜は私がいない時間ものんびりお昼寝してごはんを食べて、うさぎライフを満喫しているのだと思いますが‥(笑)

 

なんせ、遊びの天才だものっ

f:id:lea2usagi:20181017182334j:image

 

お昼寝もマイペースが一番

f:id:lea2usagi:20181017182604j:image

 

そう。

1日が1週間会えないほどの気分になって、恋しくなっているのは私のほうなのです。

 

1人遊びのジャマをしないように、トンネル(遠目)から覗いてみたり。

f:id:lea2usagi:20181017183036j:image

 

明桜の好きなタオルを膝に掛けて呼び寄せてみたり。f:id:lea2usagi:20181017183133j:image

 

恋しい‥

 

人間の子供のように、自立のための子離れが必要なように、

うさぎの自立のために、うさぎ離れ。

なんてものがもし必要だと言われたら‥

私は一生出来ません‥😢

 

 

 

「おやつくれるのは、いつも楽しみにしてるよっ🎵」
f:id:lea2usagi:20181017182403j:image

 

‥おやつ制限に関しては、心を鬼にします‥

これ、親心‥なのですよ‥明桜くん😅

青いお目目のうさぎさん🐇

目ヂカラがすごい明桜(あさ)くんです。

f:id:lea2usagi:20181015165655j:plain
どや顔ってこういう顔の事なのでしょうか‥


光の射し込み加減によって少し色が違って見えるのですが
f:id:lea2usagi:20181015165717j:plain


ブルーアイ?ブルーグレーアイ?
f:id:lea2usagi:20181015165739j:plain
目を見開かれるとやっぱりちょっと怖いです(笑)

知識がなくて、ネットで検索した限りなのですが、そんなような目の色のようです。
珍しいの‥かな?


ぬいぐるみのような、真っ黒お目目のももちゃん🐇は、アイドルのように常に可愛さをキープしていましたが‥

f:id:lea2usagi:20181015172259j:plain






明桜(あさ)は変な顔するし‥
(口を左か右に曲げたまま、静止する不思議な癖があります。可愛いのですが。)


f:id:lea2usagi:20181015172007j:plain


f:id:lea2usagi:20181015170744j:plain


三枚目タイプなのでしょうか‥



なんにせよ、
この子🐇もまた、私の心を鷲掴みにしているうさぎさんです。


小さな命。大きな存在。
お子さんも、高齢の方も、
動物を大切に想い、支え合い、かけがえのない存在がいつも側にいる。
そんな環境作りのお手伝いをしたいです。
私の大きな夢です。